全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖、今季初「全面結氷」 御神渡り期待高まる 長野県

 諏訪湖の氷がせり上がる御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(長野県諏訪市小和田)は26日朝、今季初となる湖面の「全面結氷」を認定した。前日は強風で波立っていたが、一夜にして結氷し...

紀伊民報社

65年の眠りから覚め墨に 「生まつ松煙」名匠に託す

 1958年に生産が途絶えた墨の原料「紀州生(いき)まつ松煙」の俵が田辺市内で保管されていたことが分かり、24日、県の名匠で紀州松煙墨製作者の堀池雅夫さん(71)=和歌山県田辺市文里1丁目=らが...

荘内日報社

鶴岡市の女性農業者ワークショップ 女性がわくわくする農業に

 鶴岡市内の女性農業者が集い、地域農業の夢を語り合うワークショップが24日、市藤島庁舎で開かれた。20―60代の女性がグループに分かれて意見交換し、「世界初の農業のテーマパークを庄内に」「鶴岡シルクでおし...

宇部日報社

岡田さんが池坊「華臈」に 国内で唯一、77年間の活動結実【宇部】

 長年地域の生け花文化の振興に努めてきた岡田銀二郎さん(97)=宇部市亀浦1丁目=に、華道家元池坊の最高職位のさらに上に位置する「華臈(かろう)」が授与された。華道の発展に貢献するなど特別な功...

ドローンショーと影絵公演 あすから「冬ウポポイ」第3弾 白老

白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)は27日から「とっておきの冬ウポポイ」第3弾の企画をスタートさせる。ドローンショーと影絵公演の文化イベントを繰り広げ、この季節ならではのウポ...

観光

長野日報社

厳冬の横谷峡に氷瀑群 長野県茅野市蓼科中央高原

 長野県茅野市蓼科中央高原の横谷峡で、厳冬期の風物詩の「氷瀑群」が現れている。渋川左岸の岩壁には滝や染み出した水が凍ってできた巨大な氷柱が数十メートルにわたって並び、神秘的な情景を生み出してい...

長野日報社

スノーシューで霧ケ峰満喫 スキー学校がハイキング 長野県諏訪市郊外

 霧ケ峰スキー学校は22日、長野県諏訪市郊外の霧ケ峰スキー場で開いているジュニアスキー教室の参加者の家族を対象に、スノーシューを履いて霧ケ峰を散策するハイキングを同スキー場周辺のコースで行った。...

長野日報社

巨大な氷瀑、アイスブルー 長野県茅野市蓼科「小斉の湯」

 1年の中で最も寒いとされる「大寒」を前に、長野県茅野市蓼科のビーナスライン沿いにある温泉施設「小斉の湯」の敷地内に今冬も巨大な氷瀑がお目見えした。日差しを浴びてアイスブルーにきらめき、訪れる...

北羽新報社

ワカサギ釣りで地域振興 三種町の同好会が釣り場の環境整備

 三種町鹿渡の八郎潟東部承水路でのワカサギの氷上穴釣りを地域振興につなげようと、町内のワカサギ釣り愛好者で組織する「三種公魚(わかさぎ)釣同好会」は今冬も安全対策を進めるとともに、要望が寄せら...

イベント

北羽新報社

子ども用品のリユースイベント好評 月1ペース能代で開催

 能代山本子育てサポートグループちゅちゅ(田中真理子代表)は今年度、子ども服やおもちゃなどを自由に持ち帰るイベント「ちゅちゅりゆーす」を始めた。4月からおおむね月1回のペースで続け、会場のマルヒコ...

長野日報社

諏訪圏工業メッセ 岡谷市民総合体育館で開催へ 長野県

 旧東洋バルヴ諏訪工場跡地(諏訪市)の建物閉鎖を受け、諏訪圏工業メッセ実行委員会は17日、今年10月に予定する「諏訪圏工業メッセ2023」は岡谷市民総合体育館を主会場に開催すると発表した。同市のテ...

北羽新報社

小学生がブース回り職業体験 「しごとーーいのしろ」盛況

 小学生を対象にした職業体験イベント「第2回しごとーーいのしろ」は15日、能代市海詠坂の能代山本広域交流センターで開かれた。架空の「こどものまち」を舞台にアクセサリー作りや花屋、発電、中古本の査定な...

長野日報社

”命”吹き込む着物リメーク 着物工房綸がファッションショー 長野県

 長野県箕輪町木下の着物工房綸は15日、初の「着物リメイクファッションショー」を伊那市美篶のカフェ・ブレッザで開いた。着物リメークの洋服を着たモデルがランウェイを行き交い、集まった約200人の観...

グルメ

長野日報社

入場料は「ソースかつ丼」 高校生ライブイベントで地元名物広める 長野県駒..

長野県駒ケ根市に本部を置く青年海外協力協会(JOCA)は23日、若い世代に同市名物「駒ケ根ソースかつ丼」の魅力を広めようと、経営する同市中央の「大衆食堂きよし」で高校生対象のライブイベントを開...

清水の牛とろ丼 初のグランプリ 東京・全国ご当地どんぶり選手権

 「第12回全国ご当地どんぶり選手権」の表彰式が22日に東京ドームで開かれ、十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛とろ丼」が初のグランプリに輝いた。9回目の挑戦で悲願達成の藤田社長は...

帯広にジャガイモスイーツ専門店 21日オープン

 ホテル十勝屋(帯広市、後藤陽介社長)が、十勝ガーデンズホテルの立体駐車場を解体し整備を進めてきた、十勝産ジャガイモスイーツを柱としたテークアウト店が21日、市内西2南11にオープンする。「ジャ...

道民の声クワトロ・ピザに 「ドミノ」帯広でも十勝食材で会議

 ドミノ・ピザ ジャパン(東京)は、今年11月に迎える北海道再上陸3周年を記念したキャンペーンの一環として、北海道限定のピザを同社の顧客とともに開発するプロジェクトを開始した。11日は帯広市内のド...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク