全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

河川協力団体に森と水(鶴岡)を指定 月山ダムエリアで初

 国土交通省東北地方整備局は、河川管理のパートナーとして河川管理者と連携して活動する河川協力団体に、鶴岡市の特定NPO法人森と水(伴和香子理事長)を指定した。森と水は同市の月山ダムエリアの河川協力...

紀伊民報社

巨大クツエビ水揚げ

 和歌山県みなべ町の漁港で、重さ約2キロのコブセミエビ(通称クツエビ)が水揚げされた。地元の漁師も「こんなに大きなものは見たことがない」と驚いている。  27日、地元の漁師が水揚げした。全長は5...

丹羽孝希の父・孝司さんが卓球スクール開校 未来の代表選手育成へ

 苫小牧出身で東京五輪卓球男子日本代表の丹羽孝希(25)=スヴェンソン=の父、孝司さん(48)が苫小牧市緑町1に丹羽卓球スクールを創設した。3大会連続五輪に出る長男らを育てたノウハウを生かす。未...

道立施設、来月再開へ 知事「首都圏訪問は注意を」-新型コロナ

 新型コロナウイルスの感染拡大防止へ、鈴木直道知事が出した外出の自粛を求める「緊急事態宣言」が終了して1週間。知事は27日、道庁で臨時記者会見を開き、現在休館・休止している道立施設や道主催のイベ...

強風なんの… 十勝管内4ゴルフ場オープン

 十勝管内の4ゴルフ場が28日にオープン、シーズン到来を待ちわびていたゴルファーがさっそく来場し、プレーを楽しんだ。  この日オープンを迎えたのは、幕別町内の札内川ゴルフ場、帯広国際カントリ...

観光

蒲郡で潮干狩りシーズン到来

 蒲郡市の三河湾沿岸部で、行楽用の潮干狩りシーズンが到来した。穏やかな天候となった26日には昼前後から大勢の家族連れらが干潟に入り、黙々とカマなどで貝を掘り当てた。  同市内では今月中旬から三...

長野日報社

卒園ほほえむタカトオコヒガンザクラ 伊那市山寺

長野県伊那市山寺の南信森林管理署の東側に植わるタカトオコヒガンザクラのつぼみがほころび始めている。市内保育園の卒園式があった25日はピンク色の花が青空に映え、近くの竜北保育園の卒園児たちを祝福...

長野日報社

アルパカ大人気 富士見の牧場が今季オープン

富士見町南原山の観光牧場「八ケ岳アルパカ牧場」が今季の営業を始めた。20日に開場し、3日間で昨季の2倍以上、約940人が来場し、盛況なスタートとなった。 新型コロナウイルスの感染拡大で営業の...

空き家や古民家活用で観光と移住推進へ

新城市と愛知県古民家再生協会が包括連携協定締結  愛知県古民家再生協会(名古屋市、戸田由伸理事長)と新城市は23日、連携して市内の空き家や古民家の活用に取り組むための包括協定を結んだ。観光や...

イベント

長野日報社

桜の高遠城跡「御城印」 咲き方に合わせ4種類

長野県伊那市高遠町の一般社団法人・環屋は、高遠城跡「御城印」の桜柄を新たに作り、城址公園の観桜期に同所(旧中村家住宅)で販売する。▽咲き始め▽五分咲き▽満開▽散り終わり―の4種類の柄を用意。開花宣言...

春風が気持ちよさそうコイノボリ

蒲郡の拾石川  蒲郡市拾石町の拾石川に、今年もこいのぼりが登場した。川の上下流の2カ所で春風を受けてそよいでいる。  河川管理ボランティアの地元住民グループ・未来塾(石川賢治代表)が毎年こ...

無観客で新城ラリー開幕

 JAF全日本ラリー選手権第2戦「新城ラリー2020」(実行委員会主催)が14日、新城市内で開幕した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止とするため、17回目の大会では初めて無観客での競技となった...

貨幣に関する歴史「時の金なり」展

 豊川市桜ヶ丘ミュージアム1階の第5展示室で、ミニ企画展・歴史資料のさまざま「時の金なり」が開催されている。15日まで。  同館の収蔵品から硬貨や紙幣といった貨幣に関する約80点を展示。12世紀半...

グルメ

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク