全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加盟新聞社紹介

東愛知新聞社〈愛知県豊橋市〉

 愛知県東部に位置する、東三河地域(豊橋市、豊川市、蒲郡市、田原市、新城市、設楽町、東栄町、豊根村)の5市3町村をエリアとする地方紙。東は静岡県、北は長野県と接し、三遠南信(三河・遠州・南信州)の活発な情報を発信している。東三河は、山、海、川と自然にも恵まれ、栄養豊かな農水産物や温泉など観光資源も豊富。自動車輸出入など立地の良い三河港が地元産業を発展させる地域でもある。また、最近では「陸王」で登場したように、映画やドラマなどのロケ地としても多数取り上げられ、盛り上がりをみせている。

会社概要

関連リンク

写真ギャラリー

東愛知新聞社 関連記事

2年ぶり「豊橋祇園まつり」奉納手筒花火

 豊橋市関屋町の吉田神社で17日夜、夏本番を告げる「豊橋祇園祭」(奉賛会主催)があり、奉納手筒花火の神前放揚を2年ぶりに実施した。新型コロナウイルス禍のため、町内の氏子らのみに限定で公開した。 ...

ゾウと歩み60余年㊦

種の保存を進める  のんほいパークが5月にまとめた方針では、アジアゾウ飼育の目的として、生息域外での保全活動を進めることを挙げている。絶滅も心配される中、生息域外での保全が進めば種の保存に...

ゾウと歩み60余年㊥

当初から雄雌ペアで飼育、繁殖に力  ゾウとの関わりは前身の豊橋市動物園が開園した1954年にさかのぼる。第1号の雌のインドゾウ「豊子」はサーカス出身で、豊橋公園で同年開いた「豊橋博覧会動物...

ゾウと歩み60余年㊤

のんほいパーク待望の群れ飼育へ  豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)に5月19日、インドから到着したアジアゾウ3頭が仲間入りした。ともに10歳の雄と雌に5歳の雌。総勢6頭となり、国内屈指の規...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク