常盤公園のボタン咲き始める

宇部日報社 観光 2018年4月14日

 山口県宇部市の常盤公園でボタンが咲き始めた。色鮮やかな大輪が、ぼたん苑を彩り、訪れる人たちを魅了している。昨年11月にリニューアル開苑してから初めて花期を迎えた。約100品種、250株を植栽。オレンジ色の「赤銅の輝」、黄色の「ジパング」など、希少な新品種もある。ボタン栽培で有名な島根県松江市の日本庭園・由志園が技術協力している。

 濃い赤色の「島錦」や「島の輝」、ピンク色の「平成の誉」などが咲き誇っている。ゴールデンウイークごろが最も花数が多くなる見込みで、5月中旬まで見頃が続く。苑内にはシャクヤク約30品種、170株も植えられている。21日~5月20日は同苑をライトアップし、夜も観賞できるようにする。点灯時間は午後6時半~10時。

宇部日報社のサイトへ

購読する

最新マップ