湯谷観光ホテル泉山閣が初代キングに

東愛知新聞社 観光 2018年4月12日

風呂の人気投票「湯めぐり総選挙結果」

 新城市の湯谷温泉発展会(加藤直詳会長)が行った風呂の人気投票「湯めぐり総選挙」で、湯谷観光ホテル泉山閣が初代ナンバーワンに輝いた。同施設は「キングオブ湯谷温泉」の称号を名乗り、「川沿いでせせらぎを見ながら楽しめる風呂の良さを伝えていきたい」と意気込んでいる。
 総選挙は冬場の湯谷温泉で旅館の風呂を楽しんでもらおうと初めて企画。6軒(湯谷観光ホテル泉山閣、湯の風HAZU、みつい、ひさご、はづ別館、翠明)が参加。投票券付きで6軒分の日帰り入浴券を販売し、1月10日から3月30日まで投票期間とした。
 得票率は湯谷観光ホテル泉山閣が42%で1位となった。片桐康博支配人は「館内にある“しんのこの湯”は川(宇連川)を見ながら湯を楽しめる風呂として人気がありました。入って気持ち良いという声ももらってうれしい」と話した。同ホテルでは「キングオブ湯谷温泉」の文字を入れたチラシを館内に貼りだした。
 同発展会では来年の開催するかどうかは検討中。今回の投票期間中には平日に入浴できない施設もあったといい、日にち限定での開催も考えていくという。

東愛知新聞社のサイトへ

コメント

コメントしてください。ログイン()

購読する

最新マップ