雪の重さでペリカン防鳥ネット倒れる 常盤公園

宇部日報社 社会 2018年2月13日

 山口県宇部市常盤公園ペリカン島の防鳥ネットが12日、雪の重みで傾いた。飼育しているペリカン18羽は無事だった。防鳥ネット(延べ面積1875平方メートル)を支えている2本の支柱のうち1本の先端ワイヤが断裂。支柱が大きく傾き、網の部分は湖に漬かっている。2012年10月にネットが完成して以来、雪害を受けたのは初めて。

 市公園緑地課は13日に再度現地調査を行い、14日にネットをクレーン車でつって支柱を元の位置に戻し、ワイヤを張り直す予定。白井幸雄課長補佐は「ネットの編み目の大きさは5センチあるが、雪で詰まってしまった。ペリカンにストレスを与えないように、ネットの外側からの作業で復元したい」と話した。

宇部日報社のサイトへ

購読する

最新マップ