島々の特産品や加工品紹介

八重山毎日新聞 催し 2018年2月12日

竹富町物産観光振興公社
グルメ&ダイニングショー出展

 【東京】「第23回グルメ&ダイニングショー 春2018」が、7日から9日まで東京ビッグサイトで行われ、(株)竹富町物産観光振興公社(上勢頭保代表取締役)が出展した。同社を代表とする地域連携体が竹富町の島々の特産物を使用した商品開発力の強化と固有ブランド力の向上を目指し、昨年に続き参加した。

 ブースでは西表島のパインアップルを一度真空状態にした後に油で揚げた「真空フライ」と呼ばれる特殊製法で加工されたスナック菓子が試食で提供されたほか、小浜島、波照間島、西表島で生産された黒糖が“3島味比べ”として来場者に紹介された。

 都内から訪れた小笠原尚子さん(67)は、「西表島の黒糖は塩分があってびっくり。パイナップルも砂糖なしでこの甘さ」と南国ならでは味覚に驚きの表情だった。

 同社の佐藤伸夫プロジェクトサブマネージャーは「3日間通して大変好評だった。良いマーケティングの機会になった」と手応えを述べ、「今後は石垣空港内の店舗やwebショップなど通して販売を開始し、最終的には全国展開を目指したい」と意気込みを語った。

八重山毎日新聞のサイトへ

コメント

コメントしてください。ログイン()

購読する

最新マップ