起きたら真っ白 帯広など濃霧

十勝毎日新聞 気象 2018年2月11日

 十勝地方は10日夜から11日午前にかけ、帯広や芽室、豊頃、中札内など広い範囲で濃霧に包まれた。

 帯広測候所によると、10日の降雪で十勝地方に流入した湿った空気が、夜間の気温低下により地表付近で冷えて、霧が発生したという。

 帯広市内では11日朝、午前8時すぎの時間帯などで見通し100メートルを切る視界の悪さに。日曜日で幹線道路に混雑は見られなかったものの、ライトを点灯しながら徐行して走る車が目立った。

十勝毎日新聞のサイトへ

購読する

最新マップ