三川・東郷小で伝統の凧作りに挑戦

荘内日報社 学校 教育 2018年1月12日

 三川町の東郷小学校(佐藤俊明校長、児童120人)で12日、伝統の凧(たこ)作りが行われ、児童たちが祖父母らと共に庄内凧を作った。

 同校の凧作りは伝統文化の継承や世代間交流を図ることを狙いに毎年この時期に行われている。5、6年生が大凧、3、4年生が中凧を制作した。

 祖父母授業参観も行われたこの日、児童の祖父母をはじめ地域の老人クラブなどから協力者80人余りが同校を訪問。正月休みに描いた凧絵に竹ひごを張るなど準備を進めてきた子どもたちは、祖父母らに手伝ってもらいながら糸を結び、凧に張りをつける作業に取り組んだ。今年のえとの犬や武者絵、アニメや漫画のキャラクターが描かれた凧が完成すると子どもたちは笑顔を見せていた。

 6年生の川井大夢君(12)は「張りをつけるのは難しいけどみんなと作って楽しい」、佐藤蘭聖君(12)は「東郷小に龍が降りてくる絵を描いた。凧揚げでは100メートル揚げる」とそれぞれ話していた。

 来月1日、凧揚げ大会が行われる予定。

荘内日報社のサイトへ

購読する

最新マップ