那智の滝凍る

紀伊民報社 地域 気象 2018年1月12日

 和歌山県内各地で厳しい寒さとなった12日、那智勝浦町那智山では日本一の落差を誇る那智の滝が凍った。熊野那智大社によると、今冬初めてという。
 那智の滝は熊野那智大社の別宮・飛瀧神社のご神体で、落差は133メートル。12日午前6時45分ごろ、神職が凍っているのを確認した。飛瀧神社にある温度計は午前7時の時点で氷点下2度だったという。
 午前9時すぎ、滝の周囲の岩肌は水しぶきが凍って白くなっており、滝つぼの一部もシャーベット状の氷に覆われていた。
 熊野那智大社の伊藤士騎禰宜(55)は「昨晩から今朝にかけて強く冷え込んだ。明日の朝も凍りそうだ」と話していた。
 気象庁の観測によると、12日は未明から朝にかけ、串本町の潮岬で0・7度(午前6時31分)、南紀白浜で0度(同7時25分)を観測するなど、12カ所中7カ所で今季一番の冷え込みとなった。最も低かったのは高野山で氷点下8・1度(午前2時59分)だった。

紀伊民報社のサイトへ

購読する

最新マップ