山口商工会議所青年部40周年祝い4万個の餅まき

宇部日報社 催し 2018年1月9日

 山口商工会議所青年部(吉村柳太朗会長)の創立40周年を記念した「世界最大 山口餅まき維新!」は8日、山口市の中心商店街で開かれた。明治150年記念イベントにも位置付けられており、今年の市内第1号。合計で4万個の餅がまかれるなど、多くの市民でにぎわった。

 会場は、中河原の亀山公園ふれあい広場の予定だったが、雨天のため商店街に変更された。餅まきは中学生以上の大人の部と小学生の子どもの部に分かれて行われ、400人ずつが夢中で手を伸ばし、餅をつかんでいた。中村女子高と青年部有志が考案した餅を使ったレシピも掲示。いちごジャムや牛乳を使った「ミルク餅」「もちの肉巻き」「もちとろハンバーグ」など多彩な料理が紹介されていた。

宇部日報社のサイトへ

購読する

最新マップ