糠平34センチ 除雪車出番 十勝

十勝毎日新聞 気象 2017年12月5日

 北海道の南にある低気圧の影響で、十勝地方は4日午後から5日にかけてまとまった雪が降った。4日の降り始めから5日正午までの降雪量は上士幌町ぬかびら源泉郷で34センチ、陸別24センチ、中札内村上札内23センチなど管内全地点で10センチ以上の降雪を観測。帯広は19センチ。

 十勝地方の雪のピークは5日明け方から朝で、午後6時までに、多い所で10センチの降雪を予測。帯広測候所は同日午前10時すぎ、十勝北部に大雪注意報となだれ注意報を発表した。

 市内国道では5日午前2時ごろから、38号、236号、241号の3路線で除雪作業を実施。帯広開発建設部帯広道路事務所によると、除雪グレーダーなど計20台が出動した。

 市道を管理する帯広市道路維持課は、目安となる降雪量10~15センチを観測し、今シーズン初めて除雪車を稼働させる。昼前の交通渋滞なども考慮し、市内の幹線は5日午後7時から、歩道と生活道路については同8時から作業を始める。6日朝まで行う予定。

 雪の影響などによる事故も相次ぎ、5日未明から午前11時までの帯広署管内で人身事故2件(いずれも軽症)、物損事故18件が発生。池田、本別、新得署管内では計11件の物損事故があった。

十勝毎日新聞のサイトへ

購読する

最新マップ