鶴岡北高創立120周年記念式典 伝統受け継ぎ笑顔の学校に

荘内日報社 学校 2017年11月11日

 県立鶴岡北高校(土田真一校長、生徒475人)の創立120周年記念式典が10日、鶴岡市文化会館・荘銀タクト鶴岡で開かれた。県内初の公立高等女学校として創立した歩みを振り返り、全国大会で入賞した音楽部の演奏で式典に花を添えた。

 同校は1897年に鶴岡町立の西田川郡鶴岡高等女学校として創立。県内最初、東北で2番目の女学校として、「気品・溌剌(はつらつ)」を校風に地域の女子教育を担ってきた。2015年度から男女共学となり、同窓生は2万3000人余に上る。

 この日の式典は全校生徒や保護者、来賓や同窓生ら約1000人が参加。記念式典は卒業生で現代舞踊家の地主律子さんによる音楽部の合唱に合わせた祝舞で幕開け。国歌、校歌合唱に続き、土田校長は式辞で「生徒たちの気品あるたたずまい、ひたむきなまなざし、はつらつとした笑顔、美しい校歌に触れるたびに120年の歴史の重さを感じる。教育とは教える人と教えられる側の希望を共有する営み。地域の皆さんの心をつなぎ、地域の希望であり続けたい」とあいさつ。

 実行委員長の堀朋如松同窓会会長は「女子に学問は要らないと考えられていた時代に女子教育の中核になる学校が鶴岡で創立されたことに、当時の人々の熱い思いを感じ、次世代に引き継いでいく役割を感じる。培われた校風は簡単に色あせることはない」、来賓の皆川治市長は「県内の女子教育をリードしてきた歴史を土台に、品位を損なわず共学スタイルをつくり上げた。音楽部の活躍も目覚ましい。120周年を契機に伝統を継承しさらなる発展を」と述べた。

 生徒を代表し、生徒会長の佐藤歩未さん(2年)が「共学クラスも3年目を迎え、新しい風が吹き始めている。変えるところは生徒の力で変えていき、気品を忘れず伝統を受け継ぎ、笑顔で過ごせる学校に一人一人が努力したい」と話した。

 引き続き、120周年記念演奏会が開かれ、卒業生の9人らがピアノやバイオリン、声楽などを披露。全日本合唱コンクールなど2つの全国大会で上位入賞した音楽部も「君が君に歌う歌」、無伴奏女声合唱のための「おくめ」の2曲を披露し、美しい歌声を響かせ、「ブラボー」の声援が飛んでいた。

荘内日報社のサイトへ

購読する

最新マップ