101チーム熱戦開始 ミニバレージャパンカップ 音更

十勝毎日新聞 スポーツ 2017年11月11日

 ミニバレーの第29回ジャパンカップ2017in十勝(全日本ミニバレー協会、北海道ミニバレー協会主催)が11日、音更町総合体育館など2会場で開幕した。道内外から集まった101チーム計413人が2日間にわたり熱戦を繰り広げている。

 昨年は帯広ミニバレー協会(林浩史会長)の創立30周年に合わせて帯広市で開かれ、今年は十勝ミニバレー協会(小島秀俊会長)創立30周年記念で2年連続の十勝開催。男子、女子、混成、フリー、ジュニアの計13部門を実施。東京などの道外勢や全道各地から選手が集まり、十勝からは64チーム265人が出場した。

 午前10時15分からの開会式で全日本協会会長でもある小島十勝協会会長が「笑顔あふれて歓声がこだまする、心温かい大会に」とあいさつ。「音更ラビット」の川畑奉子が「年齢や腰の痛みに負けず、最後まで元気に楽しくプレーする」と選手宣誓した。

 初日はジュニアの部決勝までと各部予選リーグ、12日は決勝トーナメントを行う。

十勝毎日新聞のサイトへ

購読する

最新マップ