加茂水産高の実習船「鳥海丸」 飛島沖で漁獲

荘内日報社 学校 教育 水産 2017年11月10日

 酒田市飛島沖などで行われた鶴岡市の県立加茂水産高校の実習船・鳥海丸(233総トン)による実習航海で、クロマグロ計46本が漁獲され9日午後、このうち42本が酒田市の酒田港に水揚げされた。42本のうち9本は100キロ超で、最も重いものは135・5キロ。マグロは早速、県漁業協同組合酒田支所内で競りにかけられた。

 今年の実習航海は、海洋資源調査のため同校海洋技術科工学系2年生12人と指導教官、同船乗務員計29人が乗り組んで9月11日にスタート。スルメイカ、カニかごの実習を終えて10月15日から3日間、飛島の西方約18キロ沖合でマグロはえ縄漁を学び、この間に採取したクロマグロ4本は神奈川・三崎港に水揚げした。

 当初はその後、太平洋上で実習を行う予定だったが、悪天候のため中止に。飛島沖に戻って同29日から10日間、再びマグロはえ縄実習に取り組んだ。専任指導教官の白澤誠教諭によると、一日で12本上がった日もあったという。

 「マグロが海面から跳ね上がる瞬間を初めて見ることもできた。漁を見学していた生徒からは『でっけー』という歓声が上がった。生徒たちにとって思い出深い実習になったはず」(白澤教諭)という。

 同船は8日に酒田港に入港。生徒たちは9日午前に行われた解散式終了後に帰宅した。同日午後の水揚げ作業では漁協関係者、仲買人らが見守る中、冷凍されたマグロが船倉からクレーンで引き上げられ、次々と県漁協酒田支所に運ばれた。

荘内日報社のサイトへ

購読する

最新マップ