県有形文化財 「石造聖観音像」初のご開帳

荘内日報社 祭り 2017年10月10日

鶴岡市西目の荒倉神社創祀1300年式年大祭

 鶴岡市西目の荒倉神社(佐藤敬幸宮司)の創祀1300年式年大祭が9日、同神社などで行われた。東に位置する羽黒山に対し、かつては「西羽黒」と呼ばれ、信仰を集めた歴史ある神社の節目を祝った。

 同神社は荒倉山(標高約280メートル)の標高約200メートルに鎮座。祭神は保食大神(うけもちのおおかみ)、大宜津比売神(おおげつひめのかみ)の2柱。同神社縁起によると717年の創祀・本殿建立とされ、平安期には修験信仰の聖地として参籠者が訪れたという。中世では庄内を治めた戦国武将の武藤氏や最上氏といった領主の崇敬も得た。その後上杉領へと移ると、上杉氏の検地に反対した1591年の一揆の一端に加わったとして本社や領内にあった33の宿坊は破壊、領有地も没収されたが、1601年に再び最上領となり再興が図られた。2015年には130余年前に建立した旧拝殿を全面改修、参道も新設整備。現在、氏子は西目や油戸、上郷などに約150戸という。

 この日拝殿で行われた式年大祭の祭典では地元の氏子や総代、出羽三山神社関係者など合わせて約40人が参列。ほら貝の音で祭典が始まると荒倉獅子舞を奉納。各種神事を行い、出羽三山神社の倭舞「松の祝ひ」を奏楽、荒倉神社総代や、出羽三山神社の宮野直生宮司らが玉串をささげた。諏訪一男総代代表は「1300年の歴史を紡いできた諸先輩の思いを重く受け止め、次の代へ受け継いでいきたい」と話した。

 またこの日は、同神社宝物殿に安置されている石造聖観音像(県指定有形文化財)を初めてご開帳。鎌倉後期から室町前期の作とされ、「荒倉大権現」の盛時をしのばせる唯一の宝物となっている。明治の廃仏毀釈(きしゃく)から逃れるため30余年間ほど土中に埋蔵されていたという。神社での祭典、直会の後は、ベルナール鶴岡へ会場を移し、式典と祝賀会を開いた。

荘内日報社のサイトへ

購読する

最新マップ