雪だるまに大喜び 「ふくぎの森」にプレゼント

八重山毎日新聞 教育 2017年8月9日

八重山青年会議所

 ふくぎの森保育園(金城まち子園長、園児31人)に8日午前、一般社団法人・八重山青年会議所(吉田貴紀理事長、39人)から雪だるま3個のプレゼントがあり、園児たちは初めて見る雪だるまに「冷たい!」とはしゃぎ回るなど大喜びだった。
 同会議所と姉妹青年会議所の稚内青年会議所が毎年、雪だるまを送っており、同会議所が郡内の保育園などに贈呈している。ふくぎの森保育園へは今回が初めて。同園を含め5カ所に送られる。
 園児の宮良蒼佑君(3)は「雪だるまは初めて見た。冷たくて固かった」と興奮した様子だった。
 金城園長は「子どもたちは初めて雪をみた。最初は驚いていたが、手で触ってみたりと自分でいろいろと体験した。この体験がまた子どもたちを成長させるのかと思うとうれしい」と喜んだ。

八重山毎日新聞のサイトへ

コメント

コメントしてください。ログイン()

購読する

最新マップ