手筒花火作り佳境

東愛知新聞社 伝統 祭り 2017年7月16日

21日の豊橋祇園祭神前奉納に向け

 豊橋市関屋町、吉田神社の祭礼「豊橋祇園祭」で21日に行われる神前花火奉納に向け、氏子8カ町による手筒花火作りが佳境を迎えている。手筒花火発祥の地と言われる同神社。伝統を受け継ぐ住民らの手にも力がこもる。
 神前では、自分で丹精して作った手筒花火を奉納。8カ町のうち札木町の住民らは16日、町内の札木会館で朝から手筒の縄巻き作業に汗を流した。
 3人がかりで、切り出した竹の筒に巻き付けた畳表の上に縄を巻き、木槌でたたきながら「ヨッ、ヨッ」の掛け声で慎重に締めていった。例年並みの約40本を作り、汗だくになっていた。
 奉納の前日、20日夜には、手筒に火薬を詰める最終作業が行われる。
 札木町は今年、20代の若者から最高齢84歳の佐野昭男さんまでが揚げ手を務める。祭の責任者を務める佐野貴司さん(51)は「安全で皆さんが楽しめる祭にして、手筒の歴史を受け継いでいく」と意気込みを話した。
 豊橋に本格的な夏の訪れを告げる祇園祭。21日は、手筒花火が午後6時半から境内で奉納され、大勢の見物客を魅了する。

東愛知新聞社のサイトへ

コメント

コメントしてください。ログイン()

購読する

最新マップ