「呼応する森と彫刻」開幕 常盤公園

宇部日報社 観光 2017年7月15日

 デジタルアート集団・チームラボによるイベント「呼応する森と彫刻」が14日、常盤公園で開幕した。初日から多くの人が来場し、昨年よりスケールアップした幻想的な森の散策を楽しんだ。宇部市主催。山口大工学部、宇部高専協力。8月31日まで。

 同園梅園奥から桜山にかけての一帯をデジタルアート作品としてライトアップ。人が近づくとセンサーが反応して光の色や音が次々に変化する。今回は、エリアを昨年の約2倍(1万平方メートル)に拡大し、光や音を呼応する木々は約1・5倍(142本)に増やして開催。エリア内に設置されている彫刻6点も含めて演出している。

 大学生ら15人が除幕をしてゲートが開くと、集まった人々は早速、森の中へ。涼やかな音に導かれて奥に進むと、多彩な光をまとった桜山がどこまでも広がっていて、多くの人が美しさに息をのんだ。新たに広げられたエリアでは、彫刻たちがピンクや黄色、グリーン、紫など次々に表情を変えていた。入場料は一般500円、高校生以下無料(小学生以下は保護者同伴)。

宇部日報社のサイトへ

購読する

最新マップ