「天下第一の桜」満開 高遠城址公園

長野日報社 地域 2017年4月18日

 「天下第一の桜」として知られる伊那市高遠町の高遠城址公園のタカトオコヒガンザクラが18日、満開になった。公園を管理する市は同日、満開宣言を発表。平年より1週間ほど開花が遅れ、関係者は咲き具合を心配していただけに、満開に胸をなで下ろしている。
 同日の上伊那地方は高気圧に覆われた影響で全域で晴れ間が広がり、伊那の最高気温は平年より3.8度高い21.4度。公園内は半そで姿や上着を脱いで桜を見物する人が多かった。
 桜守の稲辺謙次郎さんは「温暖化の影響で近年の開花が早過ぎる。現在、満開が始まった状態。このまま気温が上がり、紫外線が当たれば赤みを増す」と見込みを話す。
 タカトオコヒガンザクラは小ぶりで赤みが強いのが特徴。市は公園の桜の見頃を23日ごろまでと予想する。来場者が最も多くなる22日は市役所駐車場を開放し、公園を往復するシャトルバスを運行する。問い合わせは高遠長谷商工観光課(電話0265・94・2556)へ。

長野日報社のサイトへ

購読する

最新マップ