雪解け水で身を清める

荘内日報社 未分類 2017年3月20日

 出羽三山神社神職養成所(鶴岡市羽黒町手向)の「卒業禊(みそぎ)」が20日、羽黒山中の祓川(はらいがわ)で行われた。神職として巣立つ卒業生らが冷たい雪解け水の中で身を清め、修行を締めくくった。

 同神社は古くから神職の養成に取り組み、1962年から神社本庁承認の養成所を開設。神職の専門知識を学ぶとともに山伏修行にも取り組む。この日は2年間の課程を終えた卒業生3人と、昨年入所した修了生や教官の神職ら男女合わせて16人が卒業禊に臨んだ。

 この日は午前7時10分すぎ、卒業生らが国宝・羽黒山五重塔に近い祓川に到着。船をこぐような所作の「鳥船」で10分ほど準備運動。「エイホー、エイホー」と独特の掛け声で気合を入れた後、男性は下帯姿、女性は白装束姿で川へ入った。

 例年より暖かいとはいえ、参道にはまだ雪が残る中、激しい流れにお互いの体を支え合いながら山中に響くような大きな声で唱え事。無事に終え、5分ほどで川から上がると全身が真っ赤になっていた。

 酒田市松山地域で実家の神社を継ぐという白井孝典さん(28)は「冷たさはいつもと同じだが心身ともにすがすがしい気持ち。いろんなことを願いに来られる方の分も一緒に祈りを込めた。4月からも神社に足を運ぶ方たちの気持ちに寄り添っていきたい」と話していた。

荘内日報社のサイトへ

購読する

最新マップ