公益大3年生就職ガイダンス 過去最高の120社・機関参加

荘内日報社 教育 2017年3月16日

 来春に卒業予定の東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の3年生を対象にした就職ガイダンスが16日までの3日間、同市の公益大公益ホールで行われ、学生たちが県内外から参加した計約120社・機関の人事担当者による説明に耳を傾けた。

 公益大キャリア開発センター(センター長・國眼眞理子教授)が、学生たちに企業などとの出合いの場を提供しようと、2004年から毎年この時期に開催しているガイダンス。國眼教授によると、初回の参加企業はわずか8社。学生に対するキャリア教育の充実に伴い、卒業生が就職先で実績を挙げるにつれて参加企業も増加し、今年はこれまでで最も多い参加数という。

 15日午後の部は22社・機関が参加し、3年生約150人のうち会場を訪れた約80人はそれぞれ希望する企業・機関のブースへ。人事担当者が映像やパンフレットを使って▽業界・企業の特徴や魅力▽勤務形態▽働きがい―などを紹介すると、学生たちはメモを取りながら熱心に聴き入り、「希望地域に勤務できるか」「面接試験の際に重視することは」など次々と質問していた。

 地域福祉コースで学ぶ男子学生(21)は「学びを生かした職業に就きたいと考えてはいるが、特に福祉関係にこだわらず、より多くの業種を調べたい」と話していた。

荘内日報社のサイトへ

購読する

最新マップ